top of page

2019年買って良かった絵本

ベスト5

発表です


なにも

ベスト5

こだわらなくていいのかも

しれないけど

よかったもの全部

ってなると

買ったもの全部に

なるわけです。


だってさ

もうおうちに1500冊

絵本があって

さらに増やすって

買うときにもう

厳選してるんだもん


なので

がんばって5冊!!



「あおいにわ」

作:エレナ・セレナ

訳:みたかよこ

大日本絵画


きいろいおうち

に来たママに

さなえさんが

ドヤ顔で

お披露目する一冊


2月に

金沢21世紀美術館

にて開催された

からくり絵本の世界展

にて購入したものです


繊細なしかけ絵本

泣けるほどの美しさです



「おおかみのおなかのなかで」

文:マック・バーネット

絵:ジョン・クラッセン

訳:なかがわちひろ

徳間書店


横浜にある絵本専門店

クーベルチップさんで

購入しました


うふふ。

こういうのが面白いよね

おなかの中の

なかなかの贅沢な生活

「ぱくってくわれたけど

どうってことないし」


おおかみが気分が悪いときの顔!

いつ見ても大爆笑

オエッて顔がたまりません


最後の

おおかみが、ねずみとあひるに

ぶかぶかとあたまをさげてる

ときの顔!

これもさなえさんの

ツボすぎます



「くまのまあすけ」

作:馬場のぼる

ポプラ社


春に銀座のナルニア国

にて購入しました


どんな絵本が好きですか?

と問われたら

「こんな感じのです」

とお答えするときに

手にしています。


だって

遊びに出たら風船が飛んできて

追っかけてたら転んで

転んでる間に風船を取られて

また飛んでこないか待ってたら

大根の番をすることになり

…途中略して

ぶどうをどっさりと

風船も無事に手に入れて


まあすけ よかったね。


で終わる

非常に平和な

そして、とりとめもない

感想を聞かれたら

答えようがないお話


まあすけ よかったね。


それだけ


絵本ってこれだよね

の一冊です



作:きくちちき

講談社


9月に吉祥寺で観た

きくちちきさんの原画展で

購入した一冊


きくちちきさんは

その方が男性だと知った

数年前の衝撃


好き

な作家さんのお一人でしたが

今回、原画展を拝見して

好き

かなり好き

に格上げ

(上から目線的ですみません)


しろとくろ

それぞれの表情が

お互いへの愛情深さを

物語っていて

読んでいるとキューン

となります


これは

1人で読むのもいいけど、

あの人に読んでもらいたいなぁと

心密かに願っている

一冊です



「夜のあいだに」

作:テリー・ファン&エリック・ファン

訳:原田勝


夏にふわはねちゃんと一緒に

いった江坂のクレヨンハウス

で購入しました


ふわはねちゃん推薦です


触った感じ

目に入る優しい色使い

静かに

声をすこーし落として読みたくなる

お話

だけどワクワクが止まらない


幼稚園の先生向けの研修で

こちらの絵本を紹介したら

多くの先生が

この絵本がいい!と大絶賛


この絵本は

年長さんの歳なら

十分楽しめるでしょう


大笑いする

ウケる

といったわかりやすい反応は

得られなくても

読了後の余韻を思えば

これぞ

心を揺さぶる

心に届ける

というのに相応しい絵本です


以上

2019年

さなえさんが買って良かった

ベスト5の

発表でした!
















閲覧数:496回0件のコメント
bottom of page