top of page

第5期がスタートしました

11月1日

株式会社きいろいおうち満4歳誕生日です。

いつも私どもを応援してくださる皆さま、お取引先はじめ関係各所の皆さま、日頃の感謝を改めて申し上げます。ありがとうございます。


第5期初日を迎えるにあたり、まずお知らせです。

本店を移動いたしました。

神奈川県平塚市にありました本店を、神奈川県伊勢原市に移転致しました。

「あかちゃんえほんや」のある

伊勢原市岡崎6717-7になります。


4期をふりかえりますと

『まちよみまたよみ』の出版からスタートし、「あかちゃんえほんや」のオープンまで。といった期でした。

『まちよみまたよみ』は、子育てをこれから始める・始めたばかりのパパママをターゲットに、1ページの文章量はスマホ1場面くらい。子育て、保育、出版、絵本業界で使われる専門用語は一切使わないと決めて書きました。

当初ライターさんが入る予定でしたが、途中で中止し私が全て書くことにしました。

ですので、当然、文章は日頃noteやfacebook、Twitterなどで綴るものの域を出ず、書く素人が書いた本の域も出ません。

しかし、意外なことにこの本はパパママだけでなく

園の先生方に広まっていることもあり、予想よりかなり早い段階で重版されることにもなりました。

先日登壇した園の園長先生は村岡花子さんに師事されていたという80代の先生。『まちよみまたよみ』を「本当に大切なことが書いてある本です。皆、私も同じように感じていた、話していると言うでしょうが、そんなことはありません。今までに見たことがない大事なことをわかりやすくはっきりと書いている本です。素晴らしいお仕事をされましたね」とおっしゃってくださいました。今後の励みになります。

ちなみに、先日通帳に初の印税が振り込まれていて

こちらは小躍りしました。やはり書いたからには売れてほしいです、じゃんじゃん。


さて、弊社の1番柱の講演業はと申しますと、コロナ禍で一気になくなった講演会が徐々に復活してきている世情のとおり、うちもどんどん復活するかというと、そんなことはありません。

講演回数はまだまだ少なく、こちらは今期はより多くの場で必要とされるように「私たちが話せること」をしっかり伝えて発信していきます。

弊社の農業生産者横田敬一は現在絵本専門士養成講座を受講中で、無事に修了すれば「絵本専門士」となります。

絵本と農業を組み合わせた取り組みにより一層力を入れていきます。


農業も、〈生産〉と〈体験〉ともう一つ〈育成〉が加わりました。

新規就農を目指す人は増えています。昨今の流行から「自然に優しい仕事」をしたい人が増えてますが、農業で1番大事なのは「美味しいものを作る」で、次に「売れる」です。そして結果、それは環境に優しい生産であった、というのが持続可能な農業だと考えます。

4期では2人の研修生を農家として送り出しました。それぞれ藤沢市、大和市で頑張っています。

今期も2人研修生を受け入れてます。


子育てにアプローチした農業体験も引き続き行います。きいろいおうちfarmは来春からは一般営業はやめて、体験プログラムのメンバー、不登校の親子さんの居場所として、より人と人の繋がりや、関わりのある子どもたちが子どもの頃を振り返ったときに目を瞑れば里の風景を思いおこせるような、「観光」や「レジャー」ではない記憶として残せるような、そんな場にしていきたいと考えております。


そして、エシカルローズ、かおるお野菜の生産です。お納めするのが誇らしい素晴らしいレストラン様とのお付き合いは生産者の日々の励みとなっております。料理人の皆さまのご期待に応えられるよう

唯一無二の味と香りに徹底的にこだわり、美味しくて美しいバラと野菜を作ります。

一般家庭に向けた野菜定期便も継続いたしますが、こちらは料金が上がります、そして数は減らします。


それから3期目に迎えたヤギのきいろちゃんに4期目はローズちゃんという仲間が増えました。

ローズちゃんは平塚市にある片倉牧場さんからお譲りいただいた子です。

この子たちの成長も楽しみです。


今後も、皆さまのお役に立てる仕事をするため引き続き頑張ってまいります。

どうぞ5期目のきいろいおうちもよろしくお願い致します。


2023年11月1日

株式会社きいろいおうち

代表取締役 内田早苗

取締役   横田敬一


閲覧数:195回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page